合宿免許


合宿免許は、宿泊施設を利用しながら集中して学び免許取得を短期間で可能にできる方法です。こういったメリットがあるので、多くの方が申し込んでいます。中でも、学生の方には特にオススメ。夏休屋冬休みを利用して通学するよりも、短い期間で免許を取ることができるからです。合宿免許の場合、それぞれ違いがありますが、一日に5コマから6コマ程度用意されていて、ここで学科と技能教習が行われます。何時からどんな教習が行われるかは、予定表を見ながら確認してください。教習がない時間は、自由タイムとなります。また、教習が終わった後はスポーツをしたり観光を楽しんだりすることもできますので、是非充実した時間を楽しんでください。

合宿免許の申し込む方は、写真付き住基カードやパスポートなど身分が証明できるものと、発行されてから3か月以内である住民票(本籍地記載)と、印鑑、健康保険証(コピーでも可)が必要です。また、既に運転免許がある方は、それも必ず持参してください。そして、申し込み用紙(案内書)もお忘れなく。これが無いと入校できない場合もありますので注意が必要です。この他にも、動きやすい洋服と靴、着替え、筆記用具、雨具、パジャマ、洗面用具、メイク用品、薬、生理用品、ハンカチちり紙、眼鏡、お風呂セットなども必要です。

参照リンク◇免許の匠◇